福井県の住宅に関する新築・リフォーム・内見会・リノベーションのコトなら ふくいの家

株式会社エクリュ

施工会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

平悠の家

CONCEPT

30年かけてつくった風景は、今から始まる平屋の愉しみ。
風のそよぐ林、柔らかに立ち上がる丘、近い将来できあがる池。約30年前に自ら土地を用意し、木を植えたりしながら、少しずつ描いてきた風景を、平屋から望む地平に。ずっと続いていく愉しみの、要な部分のお手伝いです。

DATA

タイプ:和風 シンプルモダン

構造:木造軸組

間取り:-

施工会社:株式会社エクリュ

施工期間:2020年4月竣工

敷地面積:-

延床面積:-

MAKER POINT

メーカーポイント

「言葉にならない想いも。」

「そうそう、こんな家が欲しかったんです!」

打合せ、施工中、お引き渡しなどの際に、そういったことをお客様から言っていただけることがあります。
嬉しい限りですが、私たちは魔法を使ったわけでも特別な手法を用いたわけでもありません。

ただ、大切にしていることがあります。
お客様の住まいに対する強い想いを丁寧に一つひとつすくい上げることです。

お客様から伝えていただける想いだけでなく、心のどこかに漂わせながらも気付いていない想い、そしてこの先の日々で生まれると考えられる想いを引き出すことを常に目指しています。
そのためには、お客様と心を通じ合わせ、価値観を共にすることが欠かせません。
多少の手間と時間を要しますが、私たちはこのプロセスに大きなポイントを置いています。
確かな声を着実にすくい上げることができれば、自ずとデザインは出来上がっていきます。

すべての住まいづくりは、お客様の想いにはじまり、想いに結び付く。私たちはそう信じています。

施工例

全ては景色を見る為

30年ほど前、この場所を終の棲家とする事を決め、土地を買い、土を入れ丘をつくり、木を植え林をつくり、週末になるとコツコツと風景をつくって来られました。
そして、その風景を見る為の特等席が、この度完成しました。

施工例画像

玄関部分の二段の屋根

建物は、30年かけてつくってきた景色が道路から見えない様に配置され、楽しみは、玄関ドアを開ける時までとってあります。二段になった屋根は、訪れた方へのおもてなしの心と品格を表現しました。

施工例

まっすぐに風景

玄関の壁は他の空間よりあえてワントーン落としてあります。それは、次のスペース(リビング)の開放感を最大限に引き出す為。また、外部への意識付けへの意味もワントーン落とした理由にあります。

施工例

セオリーを押しても

明るく開放的なリビングの果たすべき役割は、30年来の景色を眺める為だけと言っても過言ではありません。形状や床の貼り方まで、セオリーを押しても景色への意識に拘りました。風景の中に池がつくられると天井面に水面の反射光が揺らめきます。

施工例

櫂(オール)の引手

和室に居ても、やはり景色を楽しむ事に拘った部分が多々見受けられます。襖の引手は櫂を形取った物。風景の中にやがて出来る池を意識しての事。

施工例

風景への特等席

勿論、ウッドデッキからは景色が望めます。

施工例

家事も楽ラク

風景づくりで、ドロドロになっても、外からお風呂に直行出来ます。また、家事室も併設されていて、しつこい汚れ物もバッチリ。

この会社の他の物件を見る

施工例6661

施工例6662

施工例6663

施工例6664

施工例6665

施工例6666

施工例6667

施工例6668

施工例6669

施工例6670

施工例6671

施工例6673

施工例6674

施工例6675

施工例6677

施工例8313

施工例8314

施工例8315

施工例8316

施工例8318

インスタグラム
イベント施工事例を更新